2011年05月27日

楽しいこともあればそうじゃないことある、そんな毎日。

そう、いろいろあるけれど、

本当に、一日の中で、いいこともあればそうじゃないこともあります。

本当に、色々ある。

中高部の子が、頑張って作文を書いてくれたり、宿題を休み時間に

やってくれたり、(このクラスは一番優秀)

小学部の子がかわいかったり、ちゃんと挨拶をしてくれたり、

先生先生って言ってくれたり。



一方、生徒に貰う作文を忘れ、明日もらえないとせっかく書いてもらった

のにパーになってしまうのが今一番のガーン。

それから本当に手のかかる子がいて、おそらく家庭に問題があるのだと思

われる。普通に愛情をもらって育っていれば、あんなにガサガサしている

印象を受けないと思う。根っからの悪い子じゃないけど、何かをあきらめ

ていると思うし、きっとどこかで傷ついているんだと思う。

でも、注意はしなくちゃいけない。授業中に立って歩くのも、テスト中に

立って歩くのも、テストの紙を食べたり、消しゴムを食べたり、友達を

たたいたりするのも。カウンセラーの人がみてくださっているが、家庭に

問題のある子を、学校で心を穏やかにさせるのは困難だ。

金八先生みたいなことは現実では本当に難しい。悩みを聞いてあげたり、

日々のことを尋ねる語学力もない。



注意をしても、5秒も経てば立つ。うるさい。

注意をせずに何かをした方がいいのだろうか。

他の科目でもいつも怒られているし、それでもなおらないんだったら、

どうしてあげたらいいだろう。




追伸:ファブリシオ、明日絶対作文持ってきて・・・。
(明日は日本語の授業がないから、持ってきてくれるか心配)
posted by No-ko at 10:05| Comment(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bicentenario

何度も聞かないと覚えない単語。

何度も聞いたから耳に残った単語、Bicentenario 200周年。

今年は独立200周年です。日本と違うところは、皆愛国心が強いところ

です。学校中の飾りが国旗色<赤白青>になり、街中のお店も、お店の外観も

<赤白青>で彩られます。

教育の中にも自然と、愛国心が紡がれている、絵を書いたり、文化を愛し

たり。素敵だなぁと思います^^

学校のお祝いでは
DSCF2257.JPG
詩を読んだり

劇をしたり、歌を歌ったり、
DSCF2263.JPG
かわいい様子が見られました。でも内容はちんぷんかんぷん。

DSCF2267.JPG
posted by No-ko at 08:50| Comment(0) | パラグアイでの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

運動会

こちらの国で、運動会はありません。

体育の時間、私が見る限り、サッカーかバスケットボールかハンドボール

しかしていません...。それから、ほぼ皆体育が大好きです。


そんな中、日本人学校(日本人の子供が通う)の運動会にお呼ばれをして、

一部の生徒と参加して来ました。

天候:とっても暑い

日陰に避難。
DSCF2219.JPG
初めて参加する1年生にとっては、びっくりの行事、かな^^
DSCF2223.JPG



ヨサコイを踊る生徒たち。
DSCF2245.JPG


綱引きに玉入れ...

暑い中お疲れさまでした^^(YO tambien)私も!?ネ^^
posted by No-ko at 09:39| Comment(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

太鼓

こちらへ来て、4か月が経ちました。

思ってたよりも色々なことに幸せを感じる日々です。

最初は、やっていけるのか?!って悲しい気持ちになることもあったけ

れど、進んでみると、やっぱりいつものようにいい方向を歩んでいる

気がします。



はぁ...と思ったテストも、なんとか作り終え、だいぶほっとしました。

なんていうか、いろいろいい支えがあってできた、という感じです。

目に映らないものにこそ感謝なのです。

毎夜毎夜かかって、朝の4時までやったりもしました。

学校の方は、もう授業のことも、生徒も大変だけど、かわいくて仕方が

ないです。

こちらではHUGをして挨拶をしますが、日本語を教えている先生はあまり

しません。おじぎをして礼をすることを教えます。

けれど、低学年はHUGをしたりもします。手のかかる男の子がいて、

その子がHUGしてきた時は、少し驚いたし、手がかかるのに、どうして

こんなにかわいいんだろうと思いますかわいい




それが、近況で、

それから、インターネットが繋がらない間に色々なことがありました。

太鼓も見に行きました。こちらでは、日本よりも日本らしさを大切にする

習慣があります。太鼓は、日本の文化なのに、こんなに大切にされて、

そして人々の生活に根付いているところを、こちらの国で見ました。

不思議な感じ。

そういう文化を自分の中に持っていない私は、日本人だけど、ただ

日本語を話せるだけのでくのぼうなのだと実感します。悲しいです。

パラグアイ人の人にも大盛況。立ち見も。
DSCF2197.JPG
とてもとても上手でした。獅子舞も、本物の獅子のようで心が震えました!

日本から移住された先生が教えているみたいです。

車がないと夜の外出は危ないのですが、友人が連れて行ってくれました。

ありがとう-^^


私も帰ったら、日本の文化を、自分の中に見直したいです。
posted by No-ko at 01:43| Comment(0) | パラグアイでの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

テスト作成

そもそもこの春に、二クラスの担任を受け持ったのが間違いだった-!!

と逃げ腰の私。

でもこれは本当だと思います。

人が足りないからって、未経験で、全然右も左もわからない人が先生を、

担任を二クラス持つのが間違っています...でも、それだけ人が足りないの。



中高生のクラスはやや行き当たりばったりです。別にテキトーにしているわけでは

ないんですが、7割の力で焦りながらやっているつもりですが、うまくできて

いない。

なんで7割かというと、本当はもっともっとやりたいことがあるけれど、

中高生ばかりに力を注ぐと、小学部が疎かになるからです。

小学部も、あわわわわわ、という感じで、

本当に、こう、非効率的な人間で、もっとうまくできるだろうに、できてい

ない私がいます。毎週、70分ある、小学部の工作や歌を考えるのも辛い...

ネタが。。

今は2クラスのテストを作成中です。

はっは〜んと思っていたら、

なんと日本語の中で5科目に分かれ、500点満点のテスト作成です。

ということは、全部で1000点分のテストを作るわけです。

1問2点が一番多くて、あとは1点、3点かな。正直・・・逃げたい--;

溜息ばかりがでる毎日です。



生徒のかわいさと、仲のいい先生兼友達のおかげで生きています。

フレーフレーふらふら


posted by No-ko at 13:16| Comment(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。