2011年08月14日

原爆

日本にいた時よりも、今の方が日本を好きだと思うし、誇りに思うし、

いつまでも良い国で、繁栄し続けてほしいと願います。



日本人は声を大にして言わないし、アメリカが大好きだし、人生を敵意や

悪意で満たしてしまうことも良くないけれど、

やっぱり北方領土は返してほしいと思いますし、ソ連の抑留者に対する

扱いは本当にひどいものだったと思います。それを認めてほしいと思います。

北海道の人にとって、北方領土は返すべき土地だという認識が他県より強い

ように思います。あそこは日本です。

それから、原爆は仕方のないものだったという風なアメリカ人の多数の認識も、

改めてほしいと思います。

大人になるにつれ、あー、なんてかわいそうなんだろう、という気持ちに、

何かしないと、なんていう気持ちもあります。本当はしたいことがあって、

いつか30歳でも40歳でも、かなえようと思っています。ないしょダケド!!




1945年8月、広島と長崎に原爆が落とされ、だれしもが周知の通り、

世界で唯一の戦争による被爆国であります。

生徒にもそれを知らせてくださいとのことで、日本語で、簡単に説明を

しました。それから、広島の原爆ドームのHPからは、その内部を見る

ことのできるプログラムがあり、それを見せました。

日本語を学ぶということだけでなく、日本のことを知って、自国を良く

しよう、世界を良くしよう、と思う心の一部になってくれればいいと

思っています。
posted by No-ko at 09:00| Comment(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。