2012年03月18日

2012年 始まる。

だらあっとしていた実家での生活から、今は慌ただしく動いています。

昨年は一つの学校での二クラス担任でしたが、今年は平日は昼間勤務に

変え、土曜日に別の学校に行っています。それから3人の家庭教師が

あります。慌ただしい日々ですが、充実しているのかな。


収入は、去年より少し多くなりましたが、寮を出たので出費も増えた

かな。こんな展開になるとは思いもしなかったのは去年の1月、

こんな裏側に来ても、ちゃんとなんとかなるものだな、って思います。

でも、寂しいこともあります。やっぱり人は誰かに必要とされないと

いけないんだと思います。



生徒に

Te etranoと言われました。

I miss youだって。嬉しいな。

どうして今年は私たちの先生じゃないんですか、って。

ありがとう。

それから、生徒が能力試験に合格して、それがN3、N2と

難しいから、私も心から嬉しかったです。

中高生のこの子たちは、今でも私の生徒、という気持ちが

強くて、また担任したいなって心から思います。

やっぱり生徒の存在って偉大だな。



色々あるけど、頑張らないと。
posted by No-ko at 12:58| Comment(0) | パラグアイでの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。