2012年01月07日

いざ Argentina へ。

友人は、3カ月ごとに国を出て、また戻って3カ月いる、という

就労方法だったので、それにお付き合いをしてアルゼンチンへ。

友人は短い期間だけだったので。

でも私はVISAがなんとか、とれました♪

半年かかって、一年のものがね。笑

でも、前は3年経ってもできなかったみたいなので、それは

すごいなあ、と思いました。



行く時は、トルネードという、大嵐?!みたいので、死ぬかと

思いました。本気で死ぬかと思いました。

水は車の半分まであるし、停電しているし、木はぶっ倒れてて

直前じゃないと見えないしで、車はあちこち落ちているし、

親指を隠して車に乗っていました。何度本気の悲鳴をあげた

ことか...


まあそんなこんなで

行く途中で食べたチパ(パンみたいな)。
P1030657.JPG
P1030656.JPG
どこでも売っていますが、ここのはおいしかった...
かったーいパンで、チーズが入っていて、庶民の味。
大好きです。


友達たちと。
P1030664.JPG
ポサーダスで見つけたガラスが本当にかわいかったです。
スペイン語だけど、父親が日本人って言ってたかな。
この写真に写っている友人も、日本人の子孫です。
日本語がとても上手です。


帰りは、まさかのアルゼンチンで押されるスタンプの

ハンコの「月」を間違えられ、帰国できず、またアルゼンチンに

再入国。10月だったけど、9月で入国しちゃった人が何人も

いるってことですが、その係の方は、ごめんねーはっはーと

チャーミングな感じでした。さすが南米。


帰りは日本食レストランで食事をして帰りました。
P1030723.JPG
P1030722.JPG
posted by No-ko at 13:51| Comment(0) | Viaje 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

アルゼンチンはサルタ

知らないけれど、着いた、らしい。

どこですか、と隣のお客さんに聞いたら、「サルタだよ」と言うので

なんだか降りるみたい、ってな感じで到着。

昼間のうちに着きました。



地球の歩き方にのっているホテルに行ったけど、値段が3倍くらいに

なっていて、物価上昇か、コパアメリカか、それで近くのドミトリーへ。

初ドミトリーです。トイレシャワー共同。

4人部屋。でも、だれも来ないだろう、とたかをくくっていたら、

ドイツ人の若者、男性二人と同部屋。

でも、ホテルのお姉さんは親切でした。

次の日はわたしたちの中では高級ホテルへ。11日目で疲れていたし、

ちょっと高かったけど、安心して眠れました。



街はこんな感じ。カフェにて。
DSCF2497.JPG
ここでぐうぜん、友人に会いました。

ロープウェーから。お天気が良くなかったです。
DSCF2511.JPG
寒かった..

夜の、チューニャというショー。
DSCF2501.JPG
この手前の男の子が、15歳くらい?俳優みたいでした。
DSCF2505.JPG

最後のご飯。
P1020974.JPG
郷土料理。でも、さすがに体調が悪くて、あまり食べられません
でした。


おしゃれな街でした。
街並みを残しつつ、デザイナーの小物があったり、カフェあり。
印象的だったのは、博物館で見たミイラです。
話には聞いたことがあって、神様に捧げられたんですよね。
全然違う地に立っているような、神聖な感じがしました。

それから、靴磨きの青年かな。観光客が残した食べ物を、グラシアス
アミーゴ(友達)、と言って、仲間と笑顔で頬張る姿。
でも、それを恥じている風は全然なく、堂々と、大声で言う御礼、
と観光客と交わす笑い声のあるやり取り。
それも印象的でした。


ここからまたバスの乗り継ぎ。

それも寒かった...のら犬にサンドイッチとチョコレートをとられたし..



でも、友人のお陰で楽しい思い出を作ることが出来ました。

旅で人は成長すると言うけれど、そんなことはなく、私には厳かすぎ
ます。それでもって、また旅行がしたい!と周囲の皆が切望している
ような気持ちよりも、家が一番いいし、日本が一番だと思います。

そりゃあ旅をしたいような気もうするけれど、普通に友人とご飯を

食べているだけで幸せなのです。それならどこでもいいのです。



でも、やっぱりウユニはきれいだったなー
P1020909.JPG
ほしの王子さまになったつもり。
posted by No-ko at 09:46| Comment(4) | Viaje 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

高級ホテル

うゆににて、高級ホテルに泊まりました。

本当は、安い、安いホテルがあるのですが、そこは寒いのです。

暖房器具がない。水もない。

本当に寒いので、夏を過ぎると眠れないくらいです。

でも塩湖の中にあって、星もきれいで、まあまあ人気があります。


しかーし、友人は高山病だし、私は風邪気味だし、ということで

高級ホテルへ。
DSCF2464.JPG
見た目は高級に見えない・・


ここも塩のブロックでできています。
DSCF2468.JPG
内装はとてもおしゃれです。

レストランから見える風景。
DSCF2472.JPG
食事。
DSCF2476.JPG


この旅行中、バスで寝ることもしばしば。そして寒くて眠れない

ことしばしば。でもこの日はぐっすり眠れました。

いいお布団でした。


ホテルの周りを散歩。
DSCF2478.JPG
友人。
DSCF2482.JPG
日が沈んだ後。
DSCF2490.JPG


次の日もツアーの予定でしたが、友人の高山病がひどく、

ウユニの町へ戻りました。本当にかわいそうでした。

結局ウユニに4泊しました。



日本人のバックパッカー6、7人に会いました。

仕事を辞めて世界一周チケットを取ってまわる女性組や

カップルなどなど。また、この町で出会った韓国人のバックパッカー

との出会いも印象的でした。いい人でした。



次の日、病人の友人をひっぱって、夜8時のバスで国境の町、

ビジャソンヘ向かいました。本当に寒い。

でも、満月の明かりでバスから見えた風景は、もう一度見たいな

と思うようなものでした。

ビジャソンへ着いた旅行者たちは、この町を回ろうかどうか判断

する気力もなく、皆すぐにアルゼンチンはサルタ行きの切符を取る。

本当に本当に、寒かった...

大阪から来た、若い日本人の女の子に会いました。面白くていい子

でした。元気にやってるかな?


ビジャソンから、アルゼンチンの国境の町ラキアカへは歩いて。

ラキアカからバスが出発しました。

アルゼンチンのバスの快適なこと、快適なこと。あたたかい。

それから、窓からウマワカの世界遺産の山を眺めました。

確かに、赤や緑の土できれいでした。でも、山は山だ、と思いました。

(夢がない..)
posted by No-ko at 11:30| Comment(0) | Viaje 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩湖

白ーく白ーく広がる。
DSCF2459.JPG

ガイドさんと友人がジャンプ。
DSCF2438.JPG

私もジャンプ。着地していますけど?
DSCF2444.JPG
あれ、またまた失敗。
DSCF2443.JPG
今度こそできた。でもこの格好は正解?
DSCF2445.JPG

食べられる〜
DSCF2452.JPG
踏んでやる〜
DSCF2450.JPG

なめてみたけど、塩辛かったです。
por comerって言っていたから、食べるために、トラックで運び出している
様子もありました。

まだまだ続く。
posted by No-ko at 09:07| Comment(1) | Viaje 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UYUNI

一緒に行った友人が教えてくれなければ、どこそこだった私。

今回の一番の目的地、ウユニ塩湖。

▽Wikipediaより▽
標高約3,700mにある南北約100km、東西約250km、面積約12,000km2の
広大な塩の固まり。アンデス山脈が隆起した際に大量の海水がそのまま山
の上に残されることとなった。さらにアルティプラーノは乾燥した気候で
あったこととウユニ塩原が流出する川を持たなかったことより、近隣の土壌
に残された海水由来の塩分もウユニ塩原に集まって干上がることになった。
こうして世界でも類を見ない広大な塩原が形成された。


スクレからバスで5時間くらい?因みにスクレは、世界で一番標高の高い

町だそうです。友人はここから高山病の症状が。

バスの中はとてーーーーーも寒くて、眠れず。ウユニに夜中0:30到着。

夜も遅かったので、客引きのあったホテルに泊まる。


次の日の次の日、ツアーに出発。

まずは100年以上前の古ーい汽車が見えてきました。

どこまでも続く荒涼地帯。
DSCF2427.JPG
ポーズをとってみる私。
DSCF2433.JPG

塩湖へ向かう景色の中に見えるものは・・・
DSCF2435.JPG
野生か、と聞いたら、人が育てているアルパカらしい。

このあと、ピルマだか、ピヤマだか、の動物も見ました。

でもそちらは野生とのこと。

草が少ししかないけど、こんなところにも動物はいるのですね。



続く。
posted by No-ko at 07:58| Comment(0) | Viaje 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。