2012年07月12日

家庭教師

今年から家庭教師を始めました。持っている生徒は3人。

中学生が二人と、大人の方です。大人の方の自宅へは週二回通っています。

やる気があるのでどんどん前進していくし、大人なので様々な話に刺激を

受けます。彼女はスペイン語、ポルトガル語、英語が堪能で日本語も通常の

会話は問題なくできます。

他国に囲まれている分、日本よりも語学に堪能な人が多いです。

彼女にオーガニックや環境問題、国における政治問題、人々がどうすれば

豊かになれるか、様々な意見を聞きました。

1時間の授業はあっという間に2時間も経過してしまいます。


私はこのパラグアイという国が物価も安く暮らしていくことが安易だと

思っていましたが、彼女の意見を聞けば、日本の方が安易なのだと

思い直しました。それは、アルバイトであってもある程度の収入が入る

可能性が高く、医療、年金、障害、生活保護、母子家庭、様々な社会

保障がこの国よりも成り立っているからです。

ここでは仕事がなく、物乞いをする人もいるし、学校に通えない人も

います。ただ物価を見ている自身だけの視点じゃ、それを暮らしやすさ

とは結び付けられないんだな、とこの年で気付いた私です。

これからも、色々考えていかなければいけないことがあると思います。


私にとって、家庭教師、彼女との出会いは人生を豊かにしてくれています。

Gracias!
posted by No-ko at 06:00| Comment(0) | パラグアイでの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

どこに居ても。

どこに居ても同じ。だってその人はその人なんだもん。

考え方が多少変わることがあっても、根本的なものは変わらないから

うれしいことも悩むことも全てはそんなに変わらない。

そんなこんなで人という名の、素直になれそうでなれない生き物として

ここで今年も存在しています。

今年ももう半年も経ってしまいました。

仕事、うちのこと、仕事、うちのこと、仕事、うちのこと。

ばかみたいだけど、もっと自由で、ふわふわぴょんぴょんしていたい

ので、今の状況には少し不服。でも幸せなんだけどね。

posted by No-ko at 20:33| Comment(0) | パラグアイでの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

2012年 始まる。

だらあっとしていた実家での生活から、今は慌ただしく動いています。

昨年は一つの学校での二クラス担任でしたが、今年は平日は昼間勤務に

変え、土曜日に別の学校に行っています。それから3人の家庭教師が

あります。慌ただしい日々ですが、充実しているのかな。


収入は、去年より少し多くなりましたが、寮を出たので出費も増えた

かな。こんな展開になるとは思いもしなかったのは去年の1月、

こんな裏側に来ても、ちゃんとなんとかなるものだな、って思います。

でも、寂しいこともあります。やっぱり人は誰かに必要とされないと

いけないんだと思います。



生徒に

Te etranoと言われました。

I miss youだって。嬉しいな。

どうして今年は私たちの先生じゃないんですか、って。

ありがとう。

それから、生徒が能力試験に合格して、それがN3、N2と

難しいから、私も心から嬉しかったです。

中高生のこの子たちは、今でも私の生徒、という気持ちが

強くて、また担任したいなって心から思います。

やっぱり生徒の存在って偉大だな。



色々あるけど、頑張らないと。
posted by No-ko at 12:58| Comment(0) | パラグアイでの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

友人とかけがえのない時間

近くの大きな公園へ。
P1030589.JPG

千葉かどこかと姉妹都市を結んでいるので、石が。
P1030606.JPG

昔の大統領の家。
P1030603.JPG

動物園も併設。
P1030631.JPG


別日。Itaipuという名が付けられたダムへ。
現地の言葉で、「音の出る石」の意味。

イタイプダム。夜。
DSCF2808.JPG
まるで彫刻のよう。

wikipediaから
イタイプダムは、ブラジルとパラグアイの国境を流れるパラナ川に作られたダムである。
中空重力式コンクリートダム、ロックフィルダム、アースダムなど複数のダムで構成されており、コンバインダムの形態をとる。長く延びた堤頂の合計は7.7Kmを越える。
ブラジルとパラグアイの共同出資で作られ、管理も両国が共同で行っている。

昼間の放水。
DSCF2817.JPG
圧巻。


そのあとは、モンダウの滝を見に。
DSCF2840.JPG


旅行中は、この国の人々の優しさに触れました。
日本人はアジア人の中でも、本当に親切だ、
見習うべき国だ、今まで色々助けてくれてありがとう、と
ホテルまで送ってくれたり、チパをくれたり、
知らない人が、日本人、というだけでそういう風に親切にしてくれました。

私は何もしていないから、両親はじめ、日本を背負って働いている人々、

働いてきた日本人に感謝の気持ちを持ちました。みんなも同じことを言って

いました。日本ってすごい国なんだなぁ。
タグ: 
posted by No-ko at 08:14| Comment(0) | パラグアイでの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

Dia del 若者

ちょっと前だけど、これは「若者の日」。

「子供の日」は小学生が一日遊びほける日。

こちらは、中高生が遊びほける日。

お祝いの日♪

DSCF2611.JPG

DSCF2617.JPG

全部は見られなかったけど、他にロックバンドなどもあったみたい。

私のクラスの子と。
DSCF2620.JPG
最初はけだるそうだったけど、本当は素直で、優しくて、本当にいい子たち。

とても仲良くなりました♪



もうクラスが終わりました。あとは、片付けなどで出勤しています。

通知表も一番に終わった♪今日で両親との面談も終わり♪


最後のクラスは、お菓子を食べたり、絵を書いたり、遊びほけていました。

二クラスの担任で、尚且つ最後の一週間は、同じ時間にあったので、

あっち行きー、こっち行きーをして、でもとても楽しめました。

自分が楽しめるってことは、生徒たちも楽しんでいるってことじゃないか、って

同じ先生をしている友達が言っていました。うん、そうだよね。


一年間、ありがとう。

早かったけど、やっぱり長かった、かな。

でも、本当にかわいい娘と息子たちのおかげで、充実した、本当に楽しい日々を

過ごせました^^
posted by No-ko at 12:45| Comment(0) | パラグアイでの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。