2011年07月29日

学校が始まりました。

学校が始まりました。

身辺も少し忙しくなりました。

中高部のクラスは朝で、生徒は7人です。一番上のクラスなので皆優秀、

素直だし、いい子ばかりです。勉強したくない子もいるけれど、基本的には

いい雰囲気のクラスです。

かわいいー。かわいいのー。親心といっていいものか。



もう一つのクラスは小学部で、8、9さい。

こちら大変。みんなかわいいけど、勉強なんてしたくないでしょう。

遊びたい盛りです。立って歩くわ、走るわ、遊ぶわ、注意しても先生「へっ」

って感じです。男の子ですが。

口笛やめなさいって毎回注意するけど、やめない。

でもそれは多分私が中途半端にしか注意をしていないからというのもある-_-

だって怒り方なんてわかない。座りないさいとは一言、言うけれど、5分も

お説教できません。そこまでみんな日本語もわからないし、私もスペイン語がで

きないというのもあるかもしれません。

ほんと、小学部が終わると、ほっとします。

でも、かわいいけどね。それがやりがいというものなのかもしれません。



さあー、明日は中学部だけ。金曜日は7時出勤の、2時までです。

でもいつも6時半から、16時とかまではいるかなァ^^

金曜日はいつも早く帰ります。
posted by No-ko at 09:08| Comment(2) | パラグアイでの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

アルゼンチンはサルタ

知らないけれど、着いた、らしい。

どこですか、と隣のお客さんに聞いたら、「サルタだよ」と言うので

なんだか降りるみたい、ってな感じで到着。

昼間のうちに着きました。



地球の歩き方にのっているホテルに行ったけど、値段が3倍くらいに

なっていて、物価上昇か、コパアメリカか、それで近くのドミトリーへ。

初ドミトリーです。トイレシャワー共同。

4人部屋。でも、だれも来ないだろう、とたかをくくっていたら、

ドイツ人の若者、男性二人と同部屋。

でも、ホテルのお姉さんは親切でした。

次の日はわたしたちの中では高級ホテルへ。11日目で疲れていたし、

ちょっと高かったけど、安心して眠れました。



街はこんな感じ。カフェにて。
DSCF2497.JPG
ここでぐうぜん、友人に会いました。

ロープウェーから。お天気が良くなかったです。
DSCF2511.JPG
寒かった..

夜の、チューニャというショー。
DSCF2501.JPG
この手前の男の子が、15歳くらい?俳優みたいでした。
DSCF2505.JPG

最後のご飯。
P1020974.JPG
郷土料理。でも、さすがに体調が悪くて、あまり食べられません
でした。


おしゃれな街でした。
街並みを残しつつ、デザイナーの小物があったり、カフェあり。
印象的だったのは、博物館で見たミイラです。
話には聞いたことがあって、神様に捧げられたんですよね。
全然違う地に立っているような、神聖な感じがしました。

それから、靴磨きの青年かな。観光客が残した食べ物を、グラシアス
アミーゴ(友達)、と言って、仲間と笑顔で頬張る姿。
でも、それを恥じている風は全然なく、堂々と、大声で言う御礼、
と観光客と交わす笑い声のあるやり取り。
それも印象的でした。


ここからまたバスの乗り継ぎ。

それも寒かった...のら犬にサンドイッチとチョコレートをとられたし..



でも、友人のお陰で楽しい思い出を作ることが出来ました。

旅で人は成長すると言うけれど、そんなことはなく、私には厳かすぎ
ます。それでもって、また旅行がしたい!と周囲の皆が切望している
ような気持ちよりも、家が一番いいし、日本が一番だと思います。

そりゃあ旅をしたいような気もうするけれど、普通に友人とご飯を

食べているだけで幸せなのです。それならどこでもいいのです。



でも、やっぱりウユニはきれいだったなー
P1020909.JPG
ほしの王子さまになったつもり。
posted by No-ko at 09:46| Comment(4) | Viaje 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

蝉しぐれ

藤沢周平の『蝉しぐれ』を読みました。
蝉しぐれ (文春文庫) [文庫] / 藤沢 周平 (著); 文藝春秋 (刊)

映画にもなりました。蝉しぐれ プレミアム・エディション [DVD] / 市川染五郎(七代目), 木村佳乃, 緒形拳, 原田美枝子, 今田耕司 (出演); 藤沢周平 (原著); 黒土三男 (監督)蝉しぐれ [DVD] / 内野聖陽, 水野真紀, 勝野洋, 竹下景子, 平幹二朗 (出演); 藤沢周平 (原著); 黒土三男 (脚本)


藤沢周平の本に出てくる主人公の好きなところは、真っすぐなところで、

鍛錬を積み、耐え、才能を開花させていくところ、読んでいて清々しい

気持ちになります。不遇の時もあるけれど、正義を貫く。

でもこう、全てがうまくいくわけではなくて、運命の中ですれ違ったり

叶えられないこともあって、そこには人の世の虚しさ、哀愁も見えます。




昨日は韓国系パラグアイ人の方のお誕生日会でした!

メキシコ料理。でももう、明日から学校だ!ガンバッテコー(-_-)/
posted by No-ko at 23:15| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

高級ホテル

うゆににて、高級ホテルに泊まりました。

本当は、安い、安いホテルがあるのですが、そこは寒いのです。

暖房器具がない。水もない。

本当に寒いので、夏を過ぎると眠れないくらいです。

でも塩湖の中にあって、星もきれいで、まあまあ人気があります。


しかーし、友人は高山病だし、私は風邪気味だし、ということで

高級ホテルへ。
DSCF2464.JPG
見た目は高級に見えない・・


ここも塩のブロックでできています。
DSCF2468.JPG
内装はとてもおしゃれです。

レストランから見える風景。
DSCF2472.JPG
食事。
DSCF2476.JPG


この旅行中、バスで寝ることもしばしば。そして寒くて眠れない

ことしばしば。でもこの日はぐっすり眠れました。

いいお布団でした。


ホテルの周りを散歩。
DSCF2478.JPG
友人。
DSCF2482.JPG
日が沈んだ後。
DSCF2490.JPG


次の日もツアーの予定でしたが、友人の高山病がひどく、

ウユニの町へ戻りました。本当にかわいそうでした。

結局ウユニに4泊しました。



日本人のバックパッカー6、7人に会いました。

仕事を辞めて世界一周チケットを取ってまわる女性組や

カップルなどなど。また、この町で出会った韓国人のバックパッカー

との出会いも印象的でした。いい人でした。



次の日、病人の友人をひっぱって、夜8時のバスで国境の町、

ビジャソンヘ向かいました。本当に寒い。

でも、満月の明かりでバスから見えた風景は、もう一度見たいな

と思うようなものでした。

ビジャソンへ着いた旅行者たちは、この町を回ろうかどうか判断

する気力もなく、皆すぐにアルゼンチンはサルタ行きの切符を取る。

本当に本当に、寒かった...

大阪から来た、若い日本人の女の子に会いました。面白くていい子

でした。元気にやってるかな?


ビジャソンから、アルゼンチンの国境の町ラキアカへは歩いて。

ラキアカからバスが出発しました。

アルゼンチンのバスの快適なこと、快適なこと。あたたかい。

それから、窓からウマワカの世界遺産の山を眺めました。

確かに、赤や緑の土できれいでした。でも、山は山だ、と思いました。

(夢がない..)
posted by No-ko at 11:30| Comment(0) | Viaje 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩湖

白ーく白ーく広がる。
DSCF2459.JPG

ガイドさんと友人がジャンプ。
DSCF2438.JPG

私もジャンプ。着地していますけど?
DSCF2444.JPG
あれ、またまた失敗。
DSCF2443.JPG
今度こそできた。でもこの格好は正解?
DSCF2445.JPG

食べられる〜
DSCF2452.JPG
踏んでやる〜
DSCF2450.JPG

なめてみたけど、塩辛かったです。
por comerって言っていたから、食べるために、トラックで運び出している
様子もありました。

まだまだ続く。
posted by No-ko at 09:07| Comment(1) | Viaje 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。